便利な薄手の長財布

買い物が便利になる薄い長財布

国産や海外の有名ブランドまで様々な種類がある財布は、日常的に持ち歩くのに適したものとして、カバンやポケットに入りやすいサイズの薄い長財布が人気です。
多くの紙幣や硬貨、カード類を入れる必要があるため、どうしても財布自体が大きくなりがちで、かつポケットにいれるために折りたたむための二つ折りの財布が必要になりがちです。
大手ショッピングサイトや専門店で販売されている人気のある財布は、必要なものを入れるスペースを確保できる方法を取り入れつつも、厚さが10mm未満かつ、手に持っても軽い財布が売られています。
長い財布は、1つのスペースにカード類が多く入るだけでなく、紙幣を折りたたんで入れる必要がなく、買い物の際に取り出しやすくなる利点があります。
カラーもベーシックとなる黒の他、藍色、緑、明るい茶系というようにバリエーション豊かで、牛革を利用することで高級感も出しています。
二つ折りよりも値段は数千円程度高くなりますが、買い物の利便性が高まるために持っていると便利です。

持ち運びには薄い長財布が便利

お札を折らずにしまうことができ、カードなどの収納もしやすく中のものが見やすいという事で、長財布の人気は高いです。
しかし、収納力がある反面、大きさが出てしまうので持ち運びにくく使いにくさを感じる方もいます。
財布自体の厚みのほかに、中に入れるものの厚みが加わるのですから、それなりの大きさになることは仕方がないですが、持ち運びにくくなっては本末転倒です。
そこで、長財布を選ぶときにはできるだけ薄いものを選んでみましょう。
クッション性の高いものは厚みが出がちです。
また、装飾が多くなるとその装飾部分がかさばってしまいがちになります。
シンプルで厚みの少ないものを選ぶのがコツです。
薄いものなら小さなカバンなどにも入りますから、多くの場面で活躍してくれるのです。
どうしても見た目が華やかなものを選んでしまいがちですが、そういった選び方をすると、後で使いにくさを感じることもあります。
実用性の高いアイテムとして割り切って選んでいくという事も必要です。

注目サイト

2017/4/7 更新